«前の日記(2013-01-12 (土)) 最新 次の日記(2013-01-14 (月))»  

まちゅダイアリー


2013-01-13 (日)

git を CUI 環境で操作する tig が必須ツールだった

git をコマンドラインから使っていると、過去の diff を見るときにちょっと面倒。結局、わざわざWebブラウザでGitHubを開いてコミット履歴を見たりしていた。
そこに、 tig というツールをインストールしてみたら、あまりに便利で驚いた。もうtigなしではgitを使えない。名前は前から知っていたのに、なんで今まで使っていなかったんだろう。

先日構築したtmux環境で、右半分にtigの画面を表示したところ。右画面で履歴を見ながら、左画面でファイルや git の操作ができて便利。

tig

上にコミット履歴、下に差分が表示される。カーソルキーを動かすと、コミットごとの履歴をサクサク見ることができる。

インストール

brew install tig

使い方

gitで管理しているディレクトリで tig コマンドを起動するだけ。

  • カーソルキーの上下で前後のコミット履歴へ移動。
  • Enterキーで差分表示。
  • 差分画面はviキーバインドで移動(hjkl, Ctrl+u, Ctrl+d)。
  • Tabキーで上下画面のフォーカス移動。
  • qキーで閉じる

キー操作はviに似ている。/で検索、n, Nで次/前の検索結果に移動、など。

参考

CUI な Git ブラウザ tig を入れてみた - Born Too Late

Tags: git github