«前の日記(2010-08-14 (土)) 最新 次の日記(2010-08-16 (月))»  

まちゅダイアリー


2010-08-15 (日)

MacBook Pro のバッテリー交換

2008年3月に買った MacBook Pro だけど、最近はバッテリーがダメになってきて、持ち出したら1時間くらいしか使えない状態だった。 メニューからバッテリーを選択すると、「バッテリーの交換修理」と表示される。 RubyKaigi 2010も近いので、バッテリーを交換しようと銀座の Apple Store へ行ってきた。

故障の相談は基本的に予約制だったらしく、現地ではキャンセル待ちでの受付になるとのこと。 「30分〜1時間くらい待ちます」と言われたけど、結局2時間くらい待つことになった。 呼び出しは口頭なので、他のフロアに移動できないのが辛いねぇ。

カウンターでスタッフに症状を話すと、以下の点をチェックされた。

  • 「リンゴマーク」→「このMacについて」を選択し、OSのバージョン (10.6.4) を確認
  • バージョン表示をクリックしてビルド番号とシリアル番号を確認
  • 「詳しい情報」をクリックしてシステムプロファイラを起動し、電源を表示

「完全充電時の容量」が 2,000mAh を切っており、やはりバッテリーがダメになっているとのことだった。 新品だと 5,000mAh くらいはあるらしい。

MacBook Proのバッテリー(交換前)

ここで、新品バッテリーへの交換(1万円強, 3ヶ月保証, 現バッテリーは回収)、新品バッテリーの購入(15,800円, 1年間保証) の選択を迫られる。 ちょっと考えたけど、新品バッテリーを購入することにした。 MacBookを外に持ち出す機会が少ないので、普段は古くなったバッテリーとACアダプタで利用し、外出時に新品バッテリーを使おうとの狙い。

新品を購入することをスタッフに告げると、すぐそばの棚からバッテリーを取り出してお会計に。 もしかして、はじめから自分でバッテリーを持ってレジへ行っておけば、2時間も待つことは無かったのかも…。 ともかく、新品のバッテリーはスタッフの言葉どおり 5,000mAh 超の充電容量だった。

MacBook Proのバッテリー(交換後)

これで3時間以上、バッテリーが持つようになった。

Tags: Mac