«前の日記(2008-03-02 (日)) 最新 次の日記(2008-03-05 (水))»  

まちゅダイアリー


2008-03-04 (火)

mixi の利用規約更改の件

ミクシイはあなたの日記をあなたに無断で商品化します - ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記より。

オイラはミクシイの日記に、原稿を書く前の草稿や、プライベートな写真を載せているが、それをミクシイに勝手に出版されても、文句は言えないということだ。しかも、勝手に改変される可能性すらある!

ってことで、素朴な疑問。

  1. こういった規約変更は、一般的に過去に遡って適用されるのか。それとも、規約変更以降に投稿した文章に限られるのか。
  2. この規約は友人のみ公開の日記であっても適用されるのか。適用されるのであれば誤解を招かないようにユーザに説明する義務はないのか。(規約を読む限りは特に言及がないので適用されるんだろうけど)

1.について、今の規約にはこう書いてある。

5.皆様の同意、法的手続き

1. ユーザーの皆様は、mixi を利用することにより、この利用規約すべての記載内容について、同意されたものとみなされます。またこの利用規約は当社の判断で任意に変更されます。将来引き続きご利用になる場合は、その時点での内容に同意されているとみなされます。

また新しい規約にはこう書いてある。

附則 2. 本利用規約の施行前にユーザーによって行われた行為についても本利用規約が適用されます。

これって極端にいえば、ある時点で「mixiの利用には1日1000円がかかります」と規約を変えることもできるんだよね。 通念上認められるのかなぁ。 普通は変更の1ヶ月前に通知とかいう条項があるものだけど。

個人的には商売云々は気にしないけど、「友人のみ公開」の日記が世界中に公開される可能性があるところが一番気にかかる。 実際問題として、大部分のユーザには関係ない(日記が商品になるのはレアケース)だろうけど、万が一にも可能性がある状態で安心して使い続けるにはちょっとなぁ。

といっても、僕はたぶんそのままにしておくと思う。 元々こういうサービスをあんまり信用していないところがあるので、別に公開されても困らないことしか書いてないし。

追記

ネットで調べてたら、mixiの利用規約改定に関する重要なお知らせについてひとこと言っておくか - *mohri++がおおむね冷静な感じ。

新年度にあたって新サービス展開を念頭に規約を外部の弁護士に見てもらった結果、訴訟リスクを避けるためにかなり安全側に倒した案を出してきたってあたりも考えられますね。

mixiユーザーでこの規約が気持ち悪いという方は、慌てて退会したり日記を消したりしないで、冷静な態度で、mixiに規約の文面変更を求めるなり、規約の真意を訊くなりしていくべきだとおもいます。

確かに、個人的には非公開日記の扱いを明確にしてもらえればそれでいいやって感じ。