«前の日記(2007-04-10 (火)) 最新 次の日記(2007-04-19 (木))»  

まちゅダイアリー


2007-04-16 (月)

公開することの意味

タイトルは結城浩のはてな日記より拝借。

いずれも大事なポイントですが、この中で最も意識すると良いのは「公開する」というポイントではないかと感じました。

これは本当に実感している。 この日記を書いていなければ、今ほど Ruby や Ajax で遊ぶことはなかっただろうし、色んな人に会うこともなかっただろう。

日記を公開するメリットは結城さんのリンクにもいくつか書かれているけど、個人的な実感を書いてみる。

自分を知ることができる

分かったつもりになっていても、いざ文章にしようとすると全然書けない時がある。 こういうときは、実はちゃんと分かっていないということが多い。 自分が「知らない」ということを知るのは、大切だけど実は難しい。

IT戦記 - 社内の勉強会をやって、一番うれしいこと」にこう書かれている。

分からないなら質問して!

勉強会は、みんなの「分からない」を共有する場でもあるんだ。

「分からないことを質問」するためには、まず自分が何を分かってないかを理解しなきゃいけない。 勉強会というリアルタイムの場で、それを把握することは難しい場合もある。

そういう時に、Rails 勉強会 - capistranoのように、勉強会でやったことを日記に書くことで、自分が分かったことと分からなかったことが整理できるようになったりする。 勉強会で話されたことの何分の1の内容しか書けなくても、絶対に意味があると思う。

アウトプットした分だけインプットが入ってくる

これには2つの意味がある。

  1. 日記を書くために分からないことを調べなおす。
  2. 日記を書くことで、書いたことを安心して忘れることができる。

んで、アウトプットの量とインプットの量は、実は同じなんじゃないかと思ってる。 もちろん、入力値の量としてのインプットは圧倒的に多いんだけど、自分が消化できた分だけをみると、アウトプットと同じかなぁと。

Tags: memo

公開しないことの意味

さっきの日記とは逆の話になるけど。 F's Garage:rubyとかPHPとかPerlとかに、こんな話が書いてあった(Ruby が ruby なのはご愛嬌)。

最近、一つ納得がいかないのは、オープンソースやらネット上で技術者が目立たないと、まるでその会社には技術屋がいないような扱いになってしまう点。

参照元の弾さんのエントリは、「どうやって技術者を確保しているのか私には不思議でならない」、「何が楽しくて中で働いているのかが、そとからはとても見えづらい」、「やはり中の人が中で楽しそうにやってるところから買いたい」と言ってるのであって、「技術者がいない」とは言っていない。 ただ、技術者が表に出てくる必要があるとは言ってる。

そういった意味で、「公開する世界」と「公開しない世界」が存在するとは思っている。 だから、以下のような感覚は理解できる。

SIer軽視的言論(コンテキスト)が、はてなブックマークを中心とするレイヤーにはびこっているのにずっと違和感を感じてきました。

そうやって見えないことが悪という風潮が支持されることはオープンソースを進めてきた人からすると、願ったりかなったりという時代と言えるのですが、その主張があまりにも大きく捕らえられすぎているという印象。

組織で仕事するか個人で仕事するか

楽天の事情は知らないけど、はてなのように技術者が表に出てくる会社と、そうでない会社の違いは何だろうと考えてみた。 僕は、仕事に対するスタンスの違いが表れているんなんじゃないかと感じている。 「組織で仕事をする」か、「個人で仕事をする」かの違い。

組織で仕事をする場合は、なるべく個人にノウハウが集中しないように、プロセスを標準化して組織内で情報を共有する。 そのノウハウが組織の強みになるから、ノウハウはなかなか表に出てこなくなる。 当然、技術者の顔も見えにくくなる。

反対に、個人で仕事をする場合は、その個人の価値を高めることが重要になる。 そのため技術者が表に出てきて、情報発信をする機会が増えるんじゃないかな。

どちらにも善し悪しはあるし、会社としてのスタンスの違いなんだろうけど、ネットと相性がいいのは技術者が表にでてくる企業なんだろうなと思う。

Tags: memo
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
bulldog (2007-04-17 (火) 04:17)

全く同意見です。特に後半は読んでいて、ウンウンとうなづいてましたです。

まちゅ (2007-04-25 (水) 16:16)

ご無沙汰してます。コメント嬉しいです。<br>最近は Lightweight と Enterprise の違いをぼんやりと考える毎日ですね。