«前の日記(2005-07-03 (日)) 最新 次の日記(2005-07-10 (日))»  

まちゅダイアリー


2005-07-08 (金)

グーグル が ルール

TrackBack話の続き。 言及の無いTrackBackを放置しているとページランクが下がるという噂が出ているそうな。

トラックバック弾かーより引用。

Googleのシステム変更により、どうやら内容に言及のない、或は該当記事へのリンクがない、および記事の内容がリンク元と合致しないリンクがあった場合には好ましからざるサイトと判定され、ページランクが落ちてしまうようになったらしい…(中略)…宣伝トラバを放置している事で、別に何も悪い事はしていないのにGoogleから嫌われてしまうってことです。

これを受けて、言及の無いトラックバックを削除するサイトが増えているっぽい。

「Googleのハンドアックスには核弾頭が仕込んであるからな。モヒカン族が100人束になってもかないませんよ。」というモヒカン族の嘆きの声も聞こえてきてるんだけど、正直、ここまで Google の影響力が大きくなっているとは驚きだった。 ページランクやSEOなんて、企業サイトが考えることで、個人サイトではほとんど気にしないものだと思ってた。

つい数年前には存在しなかった Google という企業が、今ではネットのルールになってるのか。 なんだか面白くないなぁ…。

共感トラックバックについて

噂になっているルールって要するに、リンク先との関連性が薄いページはページランクが下がるってことっぽい。 だとすると、言及リンクのないトラックバックのうち、SPAM トラックバック(宣伝トラバ)は影響を受けるけど、共感トラックバックは影響を受けないってことか。

ま、この噂が広まって、結果として共感トラックバックも無くなるってのも結果的にはOKだろうけど、本当にそう進むかどうか。 送信側のツールに「TrackBackを送ると、TrackBack送信先というリンクが自動的に作成される」機能が追加されるという、泥沼の展開になるのかも。

追記

トラックバック弾かーにて。

僕が以前にMusical Battonの記事を書いてトラバを飛ばす時に、各ブログ様達の最新記事に無差別にトラバを飛ばしたところ、翌日のGoogleのヒットが激減しました。

これは関係ないんじゃ…。 TrackBack先(リンク元)のページランクが下がるならともかく、TrackBack元(リンク先)のページランクが下がるのは変かと。

---

本当の泥沼の展開は、「受信時は言及なしTrackBackを削除」するけど「送信時は言及無しで送りまくり」か。 よく言われる「受信時には寛容に,送信時には厳密に」の逆パターンだね。

Tags: memo

ネットの噂

しかし、1つのサイトに書かれた情報がこんなにあっという間に伝播しちゃうとはね。 TrackBack先を辿ってみても、話の裏を取っているサイトはほとんど無いみたい。

「Googleのアルゴリズムが変わったっぽい」、「言及なしトラックバックを削除しないとページランクが下がっちゃう」、「言及なしトラバ削除プラグインをみんな入れだしてる!」、「急がないとウチだけ取り残されちゃうよ」といったところかな。 デマやパニックって、こういう流れで起きちゃうのか。

そもそも…

  • TrackBackもただのリンク。「Google様」には違いが分からない。
  • 大切なのは言及リンクの有無ではなく、リンクで繋がる2つのサイトに関連性があるかどうか。「Google様」的にはリンクがあっても話題に関連が無ければダメだし、リンクがなくても話題に関連があればいい。
  • 気になるなら、TrackBackのリンクにrel=nofollowを付ければいいような。

と思う今日このごろ。

追記 (2005/07/10)

「言及なしトラックバックでページランクが下がる」は間違い』でデマがまとめられているね。

Tags: memo