«前の日記(2004-07-07 (水)) 最新 次の日記(2004-07-13 (火))»  

まちゅダイアリー


2004-07-12 (月)

Mozilla Thunderbird

仕事の関係で、Mozilla Thunderbirdをインストールした。 迷惑メールのフィルタ機能に関しては、標準として組み込まれているので Becky + bsfilter の組み合わせよりも使いやすいかも。 LDAPやS/MIMEも標準でサポートしている。 完成度はかなりのものだな。

ただ、細かな使い勝手は、操作に慣れていることもあって Becky! が勝る。 しばらく併用して、様子をみてみよう。

Tags: memo

POPパスワードをサルベージ

Thunderbird を使ってみようとしたのはいいんだけど、肝心の POP アカウントのパスワードが分からなくなってしまった。 以前から使っている Becky! ではパスワードを記憶させていたので、普段はメールのパスワードを意識していなかった。

どうしようもないので、パスワードが平文で流れているのをいいことに、パケットをキャプチャしてパスワードをサルベージすることにした。 必要となるのは、キャプチャ用のツールである WinDump と、 WinDump が内部で使用する WinPcap の2つ。 まずは、WinPcap 3.1 beta 3 downloadのページから、WinPcap auto-installer を入手してインストールする。 次に、WinDump 3.8.3 beta downloadにて、WinDump.exe を入手する。 こっちはインストーラがついていないので、自分でWindowsのフォルダ(c:\windows)へコピーする。

コマンドプロンプトを立ち上げ、まずは windump をオプション無しで実行するも、何も反応が無い。

>windump
windump: listening on \Device\NPF_GenericNdisWanAdapter

0 packets captured
0 packets received by filter
0 packets dropped by kernel

おそらく NIC の指定が誤っていると思い、 -D オプションをつけて実行。

>windump -D
1.\Device\NPF_GenericNdisWanAdapter (Generic NdisWan adapter)
2.\Device\NPF_{XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX}
(Realtek8139-series PCI NIC (Microsoft's Packet Scheduler) )

なるほど。2番目のNICを指定すればいいのか。

で、パスワードをサルベージするために、POPが使う110番ポートへのパケットをキャプチャするようにして windump を起動。

>windump -i 2 -X tcp dst port 110

この状態で、Becky! にてメールを受信すると、見事に画面上にメールのパスワードが表示された。

…っていうか、いまどきパスワードを暗号化しないのもどうなんだろう。

Tags: memo

旅行

数日間、旅行してきた。 キレイな写真が撮れたので、トップページの画像を差し替え。

Tags: Life