«前の日記(2004-01-31 (土)) 最新 次の日記(2004-02-02 (月))»  

まちゅダイアリー


2004-02-01 (日)

深夜のアクセス音

GentooをインストールしたノートPCは寝室に置いているのだが、ここ数日、夜中にも動作音がするようになった。 原因を調べようと syslog を見てみると1時間ごとに postfix が動作していた。 root宛のメールを確認すると、cronに設定したntpdateのログを送っているようだ。

そこで、 /etc/cron.hourly/ntpdate.cron の出力を /dev/null に送るように書き換えた。

#!/bin/sh
/etc/init.d/ntp-client restart &> /dev/null
/sbin/hwclock -w

そして、時刻同期は1日に1回でよいだろうと思い、このスクリプトをcron.hourly から cron.dairy へ移動。これで様子をみてみよう。

Tags: Gentoo

BincIMAPの利用 (2)

Becky!でメールボックスが作れない件を調べてみよう。 BincIMAP FAQのメールボックス作成の項を読んでみる。

3) メールボックスのリスト表示、作成、名前変更、削除。

次のコマンドでメールボックスの作成テスト。 mailbox を好きな名前に替えて実行。 Maildir++ 形式を使う設定の場合は、 mailbox の代わりに "INBOX/mailbox" を使うことに注意:

そういえば、サーバ側はMaildir++形式を使う設定になっていたかも。 そこで、Becky!の設定をいろいろと見ていると、「メールボックスの設定」の詳細タブに「IMAPフォルダ」という設定項目を発見。 ここに INBOX と書いて、サーバに接続すると・・・おぉ〜っ、フォルダが作れるようになったぞ。 それに、ごみ箱 (Trash) も有効になっている。嬉しい。

これで、メール環境はLinuxへ移行できそうだ。IMAPを使っているので、WindowsマシンからでもLinuxマシンからでも読むことができるし。といっても、まだLinuxマシンではメールを読む環境がないんだけどね。こっちはWindowsマシンからsshでログインして使うだけだから、CUIのメーラを探さないとな〜。

Tags: Gentoo

HEADへの追従

こないだからWebサイトの管理にCVSを使うようにしているが、そのテストを兼ねて、ここのtDiaryを最新版に更新した。

$ cd ~works/import
$ cvs -d :pserver:anonymous@cvs.sourceforge.net:/cvsroot/tdiary login
$ cvs -d :pserver:anonymous@cvs.sourceforge.net:/cvsroot/tdiary co core
$ cvs import tdiary-core tDiary date-20040201
$ cd ~works/c/tdiary-core
$ cvs update
$ cvs commit

最後に sitecopy -u diary でWebサーバにアップロードしておしまい。本家の更新分をローカルの更新分とマージしてくれるので、とても楽だった。

手順はWikiサイトにてまとめているところ。

Tags: tDiary

メニュー構成

Wikiのメニューを2段にカスタマイズしてみたが、まだ直感的にクリックできない。

う〜ん、どこがいけないんだろう? 重要度が異なるメニューが同列に並んでいるのがいけない気もする。

Tags: BitChannel