«前の日記(2004-01-29 (木)) 最新 次の日記(2004-01-31 (土))»  

まちゅダイアリー


2004-01-30 (金)

BincIMAPのインストール

前回まででISPのメールをGentoo機にて取得できるようになった。次はIMAPサーバを立てて、Windowsから取得したメールを見られるようにする。IMAPサーバには、Maildir形式に対応しているBincIMAPを採用。

インストールは簡単に終わった。

# emerge bincimap
# ln -s /etc/bincimap/xinetd/imap /etc/xinet.d/imap2

ここでimapでなくimap2としているのは、/etc/services にて143番ポートにimap2と記述されているから*1。これにあわせて、 /etc/xinet.d/imap2 をエディタで開き、 service imap となっているところを service imap2 と書き換えている。

これで、 xinet.d を再起動。

# /etc/init.d/xinet restart

動作確認のために telnet で143番ポートにアクセスしたのだが、見事に応答が帰ってこなかった。syslogはこんなかんじ。

Jan 31 01:10:41 lavie xinetd[1536]: FAIL: imap2 address from=127.0.0.1
Jan 31 01:10:41 lavie xinetd[28956]: START: imap2 pid=1536 from=127.0.0.1

xinetdのアクセス制限に引っかかっているっぽいな。続きは次回。

Tags: Gentoo

*1 本当はここはimapのままでもよい。大切なのはファイル内にservice imap2と書くこと。

メールの第三者中継テスト

メールサーバが第三者に不正中継されないかを確認してくれる。いわゆるSPAM踏み台チェック。

Tags: memo

おなかにいたときの記憶

なんだか夢のある話です。via Otsuneさん

Tags: memo

URLを使ったBasic認証ができなくなる

セキュリティホール memoさんより。

URL 中の username:password を無効にする「仕様変更」となるようです。

これで、ViViのtDiary更新スクリプトは動かなくなりそうだ。まぁ、そもそものURLにパスワードを埋め込むという仕様自体が、あまりよろしくなかったんだけど。

Tags: memo