トップ  

まちゅダイアリー


2015-04-20 (月)

さくらのVPSを解約した

さくらのVPSは年間契約していて、5月末が更新日となる。前月の20日(つまり今日)が解約期限だったので、さくらのVPSの解約手続きをした。といっても、やめちゃうのではなく、新しいVPSプランに乗り換えるのが目的。今はメモリ1GBのHDDモデルを使っていて、次はSSDモデルにするつもり。メモリは1GBか2GBで迷ってる。

過去の日記を読み返してみたら、これでさくらVPSは3代目になるのね。毎回、手順を残していたので参考になる。

Tags: sakura

2015-04-12 (日)

nasne が不調 → 外付けHDDのディスク検査で復旧

TV番組の録画に使っているnasneが、ここしばらく調子が悪くなっていた。PS3のtorneから見ようとすると、番組のサムネイルが表示されなかったり、再生できない番組があったり、そのうちnasne本体がtorneから認識されなくなったり。PS3のTVチューナー(旧torne)に録画した番組は見えるので、PS3側の問題じゃなさそう。nasneを買ってから2年半、ついにこの日が来たか。

nasne

nasneそのものが見えなくなるのはnasne本体が故障しているのか、ネットワークの問題なのか。時間をとれずにしばらく放置していたけど、ようやく時間ができたのでちゃんと切り分けしてみた。まず、Macからnasneのファイル共有は普通に見えているので、本体が完全に壊れているわけではなさそう。ところが、特定のファイルを開こうとすると、ファイルサーバから応答がなくなりMacのfinderがレインボーカーソル状態になった。次に、nasneから外付けHDDを切断すると、nasneの内蔵HDDに録画されている番組はちゃんと再生できる。

これはどうもnasneの外付けHDDが怪しい。torneからnasneが見えなくなるのも、nasneが外付けHDDの特定領域を読み込もうとした時に、外付けHDDから応答が返ってこずに待ち状態になってしまっているのではないか。そこで外付けHDDをMacに接続する。Macから外付けHDD内のデータはちゃんと見える。残念ながら外付けHDDの診断情報 (S.M.A.R.T.) は見えないので、詳細は不明。ディスクユーティリティを起動して「ディスクを検証」を実行すると、エラーコード8で検証に失敗する。続けて「ディスクを修復」を実行するも、このディスクは修復できませんとのつれないメッセージが。次に外付けHDDをWindows8に接続してディスクのチェック(内部的にはchkdsk?)を実行したところ、無事に修復できたとのメッセージが表示された。おおっ、いい感じ。

これで外付けHDDをnasneに接続しなおしたところ、ちゃんとtorneからも見えるようになった。番組のサムネイルもバッチリ。ディスクの修復により不整合のあるファイルが削除されてしまうこともなかった。よかったよかった。

nasneに録画した番組はいつか消えても仕方ないと思っている(バックアップも取れないしHDDの移行もできない仕組みになってる)けど、今回は無事でよかった。

Tags: Life

2015-03-30 (月)

Ruby2.2.1 + tDiary4.1.2へアップデート

という訳で、この日記も最新の環境にアップデートした。gitで管理しているので、いつもどおり git pull を実行。2つのファイルが衝突した。

$ git pull origin master
error: Your local changes to the following files would be overwritten by merge:
        Gemfile.lock
        config.ru
Please, commit your changes or stash them before you can merge.

Gemfile.lockはGemfile.local分が反映されているので衝突。これはいったん本体側に合わせればいい。

$ git checkout -- Gemfile.lock

config.ruはbase_urlを設定しているので衝突。これは本体側に合わせたあとに、もう一回base_urlを設定しなおした。

$ git checkout -- config.ru
$ git pull origin master
$ vim config.ru
(base_urlを書き換え)

Rubyはrbenvを使って最新版を入れた。最後にunicornを再起動してアップデート完了。特に問題なし。

$ kill -TERM `cat unicorn.pid `
$ bundle exec unicorn -c unicorn.conf -E production -D

毎回config.ruのbase_urlを指定するのは面倒なので、ここはtdiary.confに書けるようにしたいな。

Tags: tDiary